「耳をすませば」のその後はどうなった?映画は10年後が舞台?

ジブリ映画の名作「耳をすませば」が公開されたのは1995年。

青春時代を思い出す、甘酸っぱい素敵な映画と言われています。

この物語は、その後どうなったのでしょう?

当時中学生だった雫と聖司の恋がどうなったのか?
気になりますよね。

そこで今回は「耳をすませば」のその後はどうなったのか?
実写映画は10年後が舞台となっている?
映画のキャストは?

などについてまとめていきます。

「耳をすませば」のその後はどうなったのか?

先月の8月26日の金曜ロードショーで放映され、根強いファン、新たなファンを
沸かせているアニメですが、登場人物がその後どうなったのか?
気になりますよね。

皆さんが知りたいのは以下の3つについてではないでしょうか?

1,雫と聖司は結婚したのか?
2,夕子と杉村はどうなった?
3,雫は小説家、聖司はヴァイオリン職人になった?

について詳しくみていきたいと思います。

雫と聖司は結婚したのか?

アニメ映画の最後で雫と聖司は結婚の約束をして「雫、好きだ!」と
抱きついてンエンドロールを迎えましたが、はたしてこの二人は
無事ゴールインしたのでしょうか?

結論から言うと、二人のその後は公式には何も発表されていません。

ジブリ側からも正式な発表はないため、彼らのその後については
ご想像にお任せということになるのでしょう。

「耳をすませば」は1989年に「りぼん」にて連載されていた
柊(ひいらぎ)あおい先生の漫画が原作となります。

アニメ映画で描かれたのは、月島雫と天沢聖司たちの中学時代のことに
なります。

漫画においても、後に「耳をすませば 幸せな時間」という続編が出版されましたが、
内容は中学3年生になった雫たちの進路に触れられる程度で、聖司との関係に進展が
あったわけでありません。

雫と聖司には「結婚して欲しい」のがこの映画を見た方の想いでしょう。

ただ二人の置かれた状況

・中学3年生の初恋であること
・国をまたぐ遠距離恋愛であること
・スマホやビデオ通話がない時代であること

を考えると良い思い出として、二人の心に残ったというのが、現実的な話
だと思われます。

ちなみに中学から付き合い始めて結婚するカップルは5%もいないと言われています。

やはりかなり確立としては少ないですね。

別れる理由としては

・外見や能力重視で選んでしまう
・精神面が未熟
・好きな人が代わりやすい

ということがあります。

中学生のカップルはその後色々な人と出会う分、気持ちが薄れてしまう人も多いようですね。

夕子と杉村はどうなった?

夕子は杉村のことが好きでしたが、その杉村は実は雫のことが好きでした。

のちに杉村は、雫に告白しますが、友達としてしか見られないと断られます。

結局、杉村と夕子が映画のシーンの中でかかわっている様子はあまり見られませんでした。

しかし、映画のエンドロールで「カントリーロード」が流れるところで杉村と夕子が登場し
、待ち合わせをして一緒に仲良く歩いている姿が映し出されていています。

とすると二人は付き合ったということでしょう。

雫は小説家、聖司はヴァイオリン職人になった?

雫は高校を卒業したのち、無事小説家になったようです。

雫が一番最初に書いた小説は「バロン 猫の男爵」とされています。

実は、ジブリ映画「猫の恩返し」は雫が手がけたスピンオフ作品ということ
になっています。

そのため、「耳をすませば」と「猫の恩返し」は数々の共通点があるのです。

聖司についてはヴァイオリン職人になるために、高校へは行かずイタリアへと
向かいました。

但し、はっきりとヴァイオリン職人になれたかどうかは描かれていません。

実はヴァイオリン職人という設定自体はジブリ映画の独自設定です。

原作漫画では聖司はヴァイオリン職人など目指しておらず、画家になることを
夢見ています。

雫の父が

「人と違った生き方をするにはそれなりに覚悟と責任がともなう」

ということを言っています。

聖司も高校へ進学せずに退路を断って、ヴァイオリン職人への修行へいった
のですから、きっと立派なヴァイオリン職人になれたのではないでしょうか。

日テレドラマ

Sponsored Link


「耳をすませば」の実写映画は10年後が舞台となっている?キャストは?

実写版の「耳をすませば」が10月14日より劇場公開されます。

映画『耳をすませば』本予告【10.14 ROADSHOW】

実写版では、原作の世界観を忠実に再現する“中学時代”と、オリジナルで加わる
“10年後(現在)”の世界が描かれます。

中学生の時に約束を交わした雫と聖司が大人になった今、離ればなれになりながらも
お互いを想い続け、夢に向かって突き進む様子をみることができます。

中学時代

月島雫役/安原琉那

名前:安原琉那(やすはらるな)
生年月日:2006年11月11日
身長:151㎝
出身:千葉県
デビュー年:2018年のドラマ「特捜9」第5話への出演

映画初出演になる今回のオーディションでの抜てきに、

「どうしても雫になりたかったので、とてもうれしかった」

と語っています。

天沢聖司役/中川翼

名前:中川翼(なかがわつばさ)
生年月日: 2005年12月6日
身長:170㎝
出身:神奈川県
デビュー年:2009年、4歳の頃モデルとしてデビュー

今回の出演について

「聖司くんを演じるのがすごく難しくて、感情の行き場所がちょっと迷子
になりつつも、最後まで頑張りました」

と語りました。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演を果たすなど、俳優としての躍進中です。

【天沢聖司役の声優、高橋一生についてもっと知る】
「耳をすませば」実写に声優の高橋一生は出演しない?アニメとの違いは?

中学から10年後

月島雫役/清野菜名

名前:清野菜名(せいのなな)
生年月日:1994年10月14日
身長:160㎝
出身:愛知県
デビュー年:2007年、学研誌「ピチレモン」
趣味:カラオケ、格闘技観戦

この映画の出演にあたり

この度、映画「耳をすませば」で、月島雫を演じることになりました。

誰もが大好きな名作「耳をすませば」の世界に雫として存在出来ること、
とても嬉しく光栄に思っております。

あれから10年。

雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、
雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています。

出典:耳をすませば「公式サイト」

と語っています。

2022年は

・キングダム2 遥かなる大地へ(7月公開)
・異動辞令は音楽隊!(8月公開)
・ある男(11月公開予定)

と2020年に出産してママさんになっても活躍しています。

【清野菜名についてもっと知る】
清野菜名のプロフィール

天沢聖司役/松坂桃李


名前:松坂桃李(まつざかとうり)
生年月日:1988年10月17日
身長:183㎝
出身:神奈川県
デビュー年:2008年、雑誌『FINEBOYS』専属モデルとして芸能活動開始
趣味:ゲームの遊戯王おたく、ワンピース、スラムダンクのファン

この映画の出演にあたり

「耳をすませば」はアニメーション映画で何度も見た作品です。

学生生活の日常にある歯痒さや微妙な距離感で感じる甘酸っぱさ。
あの頃にしか感じられないものが詰まっていて素敵だなと思っていました。

あの物語の“その後”を想像した方もいらっしゃるのではないでしょうか。
僕もそうでした。

月日を経て描かれる“その後”の物語に関われることを嬉しく思います。

出典:耳をすませば「公式サイト」

と語っています。

今年は話題となった「流浪の月」にも出演し、またアカデミー賞俳優部門で
ノミネートされるのではないかと予想しています。

杉村⻯也役/山田裕貴

名前:山田裕貴(やまだゆうき)
生年月日:1990年9月18日
身長:178㎝
出身:愛知県
デビュー年:2011年、テレビドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」
趣味:野球、バレーボール

この映画の出演にあたり

そしてこの作品もあの『耳をすませば』の10年後も描かれています。

その10年があるから今が、未来が、輝く。

そんな、作品になっているんじゃないかと思います。

この作品がどんな形で皆さんに受け取ってもらえるか楽しみです。

出典:耳をすませば「公式サイト」

と語っています。

原田夕子役/内田理央

名前:内田理央(うちだりお)
生年月日:1991年9月27日
身長:166㎝
出身:東京都
デビュー年:2010年、日本テレビ『アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜』
趣味:サブカルチャー

この映画の出演にあたり

オファーをいただいた時は、小さい頃に観ていた「耳をすませば」
の実写化に驚きましたが、10年後のオリジナルストーリーとの
ことで夢中になって台本を読ませていただきました。

原作から10年後という時代背景なので、平成の懐かしさも感じつつ、
成長したみんなの姿にちょっとドキドキしながら撮影をしました。

大人になった夕子と杉村の関係性にも是非注目してください。

出典:耳をすませば「公式サイト」

と語っています。

Sponsored Link


「耳をすませば」の聖地とは?

ジブリ映画の名作「耳をすませば」は、東京都内にある新宿駅から京王線で
30分の聖蹟桜ヶ丘駅近郊が舞台となっていることをご存知でしょうか?


聖蹟桜ヶ丘駅がある多摩市も「耳をすませば」のモデル地を案内する
マップなどで、地域のPRをしています。

耳をすませばモデル地案内マップ

ここでは聖地となっているいくつかのスポットをご紹介しますね。

聖蹟桜ヶ丘駅

雫がシーン冒頭で降り立つ駅は京王線“杉の宮駅”。

しかし実際に京王線内に“杉の宮”という駅は存在しません。

ただ、駅の作りから聖蹟桜ヶ丘駅がモデルとなっているのは一目瞭然でしょう。

聖蹟桜ヶ丘駅の駅メロは“カントリーロード”。

1番線、2番線で流れている部分も違うのでどの部分が使われているのか、
是非実際に訪れて聞いてみてください。

大栗川・霞ヶ関橋

雫が図書館まで行く時に渡っていた橋は大栗川に架かる橋です。

雫だけでなく、聖司がこの橋を渡る様子も映画の中で描かれていますね。

いろは坂

霞ヶ関橋を渡ると、ぐいっとカーブした「いろは坂」の入り口があります。

雫が、お父さんのお弁当を図書館へ届けるシーンで登場しますね。

作品の空気を感じられるロケ地を訪れられるのは、ファンとしてはうれしいですね。

実写版を観て、雫や聖司たちが過ごした場所を思い出し感慨にふけると更に
楽しめそうですね!

Sponsored Link


まとめ

今回は「耳をすませば」のその後はどうなったのか?
実写映画は10年後が舞台となっている?
映画のキャストは?

についてまとめてみました。

日テレドラマ

ジブリ映画の「耳をすませば」では「カントリロード」が主題歌として
歌われました。

カントリー・ロード 耳をすませば  〔歌詞付き〕 本名陽子

その10年後を描く実写版「耳をすませば」では「翼をください」が主題歌に
なります。

どれだけのアニメの世界観が残されるのか?変わるのか?

わかりませんが、公開日に期待をしたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link