ゆたぼん、回転寿司店での行為が不衛生と炎上!自身のツイッターで謝罪!

少年革命家を名乗る不登校ユーチューバーのゆたぼんが8月10日までに自身の
TikTokを更新しました。

そこに投稿された動画が「汚い」「不衛生すぎる」と批判が殺到しています。

SNSで投稿をするたびに批判されるゆたぼんですが、今回は一体どんなことを
やらかしたのでしょうか?

気になりますよね。

そこで今回はゆたぼんの回転寿司店での行為が不衛生と炎上しているのはなぜ?
今回の行為にSNSでの声は?
ゆたぼんが毎回、批判されるのはなぜ?
ゆたぼんは今後どうするのがいいのか?

などについてまとめていきます。

ゆたぼん、回転寿司店での行為が不衛生と炎上!自身のツイッターで謝罪!

今回、批判が殺到しているのはTikTokに投稿された動画です。

回転寿司チェーン・かっぱ寿司で撮影されたと思われるもので、ゆたぼんが
レーンを通じて届いた皿を勢いよく取り、そのままの流れで寿司を犬食い。

さらに、手で寿司を口の中に詰め込むようにし、指先についた米粒などを舐めた後、
指を拭いたりせずにタッチパネルで追加注文。

満足そうに座り直して腕を組むという動画になっていました。

その時のツイッターの動画がこちらです。

この動画に、SNSでは「不衛生」「不愉快すぎる」「この食事マナーはひどい」
といった批判の声が殺到!

批判を受け、ゆたぼんは動画を削除。

また、11日深夜にツイッターで

「汚い手でタッチパネル触ってしまって。ごめんなさいでした」

と謝罪しました。

しかし、その後も批判は収まらず、17日になりこの動画について撮影許可は
取っていたのかどうか、かっぱ寿司に問い合わせたというツイッターユーザーも出現。

その投稿によると、今回のゆたぼんの動画は撮影を許可していなかったとのことでした。

Sponsored Link


ゆたぼんの行為にSNSでの声は?

今回の一連の騒動にSNSでは

ゆたぼんの回転寿司は、ああいう言動は小4くらいに友達や家族で
回転寿司行って調子に乗ってやってしまって、親や他の友達に汚いから
止めろって怒られて、もうやらない学習済みのハズの事象なんだよ
なってきがす。

炎上商法
消費期限切れ間近のユーチューバーが、なんとしてでも忘れやれないよう
にと必死の抵抗。

が、こっちは“回転寿司店で犬食い”の字面を見ただけでお腹いっぱい。

わざわざ動画を見に行く元気もない。

早く静かに消えてくれないかな。

犬食いに舐めた指でタッチパネル操作に無許可撮影…。

周りの大人は何やっとん!!(💢`A´)ノ
↓↓↓↓↓↓

【不衛生】ゆたぼん君 かっぱ寿司で回転寿司の“犬食い”動画を無許可撮影し批判殺到🔥

【不衛生】ゆたぼん君 かっぱ寿司で回転寿司の“犬食い”動画を無許可撮影
し批判殺到🔥

との批判のコメントが多数、挙がっていました。

Sponsored Link


ゆたぼん、毎回批判されるのはなぜ?

ゆたぼんがSNSを更新する度に毎回批判されますが、一体どうしてなのでしょうか?

その理由について考え、大きくいうとこの3つが考えられます。

1,一般常識に欠ける(親の教育が良くない)
2,SNSの使い方が炎上商法である
3,お金の集め方、使い方が世間とずれている

1,一般常識に欠ける(親の教育が良くない)

今回の回転寿司での”犬食い”また指先を舐めた手でタッチパネルを触るなどの行為は
まず誰から見ても行儀が悪い、一般常識がないとみられる行為です。

またその内容をそのままSNS上にアップするのは、当然親が一緒にその場にいると
思われるので、その行為を注意するのが当然と思われます。

また現在13歳であるゆたぼんは本来であれば中学生であります。

この義務教育を受けないことで、学問だけでなく、所属しているコミュニティの
中で人との接し方やそこから学べる感覚の機会が奪われているとの意見が多く
みられます。

2,SNSの使い方が炎上商法である

この発端は、今年4月7日に投稿した動画で、ゆたぼんが

「中学校に行く気はありませーん!」

と宣言したことに始まります。

この動画に各著名人がコメントを寄せたのですが、2ちゃんねる創設者・ひろゆき氏が
ゆたぼんの不登校宣言について

「子供に教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要だと思います。

教育の機会を捨てるのを是とする考えを広めるのは社会的に良くないし
アホの再生産になります」

などとツイートしたことです。

このツイートについてゆたぼんが

「本当クソだなと思う」

とやり返します。

それについてひろゆき氏は

「他人を罵倒することで、子供の学力や知力があがるわけではないという
ことがわからない大人に囲まれて利用されてるのは可哀そうだなぁ、、と」

とツイート。

そしてお互いが、ひろゆき氏の2チャンネルの賠償金のこと、ゆたぼんの父親の
犯罪歴などを含めての泥仕合に、、、

ひろゆき氏とのバトルが過熱化していくにつれて、ゆたぼんのYouTubeチャンネル
の注目度がアップ。

それ以前の動画は、再生回数1万未満のものも見られる中、このバトルの後は、
10万回超を連発するようになっています。

炎上商法としては上手くいった事例となります。

3,お金の集め方、使い方が世間とずれている

6月30日より日本一周の旅をスタートさせたゆたぼん。

【ゆたぼんの日本一周の旅についてもっと知る】
ゆたぼん、日本一周の旅はいつ出発して何をするの?どうやって廻る?

この旅の費用は2021年末に企画したクラウドファンディングで集めていました。

目的は日本全国の不登校の子供を元気にすること。

募集終了まであと5日に迫った日には、まだ支援金総額は236万9611円(目標の約62%)
にとどまっていました。

その為ゆたぼんはユーチューブ配信を通じて、コラボなどで交流のあった十数人の
クリエイターに電話をかけ続けます。

この内容をゆたぼんはライブ配信。

目標金額達成のため必死な姿を見せるゆたぼんに対して、ライブ配信の視聴者からは

「電話して金クレ金クレって恥ずかしいよ…」

「公開カツアゲは草」

「ライブで晒しながら寄付頼むとか性根腐ってるでしょ」

といったコメントがみられました。

現在、この旅は北海道を廻っている様子。

ただ実際に旅の様子を見ると、今回の日本一周が、不登校児に会うことではなく、
各都道府県の観光地をめぐり、クラファンの支援者たちにご飯を奢ってもらう
ことがメインの“お遊び旅行”であるという実態が明らかになってきています。

例えば、東京の次に訪れた神奈川の動画で、ゆたぼんは湘南サドベリースクール
というフリースクールを見学したと報告し、みんな自由で最高でしたと感想を
語っていましたが、子どもたちと交流する映像は一切なし。

その代わり“迷惑系YouTuber”のへずまりゅうらと、横浜中華街で中華料理に舌鼓
を打ち、よこはまコスモワールドでお化け屋敷や大観覧車などのアトラクションを
楽しんでいました。

群馬の動画で、ようやく地元の不登校児が登場。

ゆたぼんと同じく13歳だというその少年は、1時間以上も自転車をこいで、
ゆたぼんに会いに来たといいます。

それであるならば、せっかく軽トラックのスタディ号で移動しているのだから、
ゆたぼんのほうから会いに行くという選択肢はなかったのか?

という疑問もでています。

元々の目的である全国の不登校の子供を元気にすることの動画が少なく、
訪れた地域の名物を食べている動画が多いので、もはや、“食い倒れツアー”
と言っても過言ではないかともいわれています。

Sponsored Link


ゆたぼん、今後どうするのがいいの?

ゆたぼんは少年革命家だと声を上げますが、その背後には父親の姿がみられます。

【ゆたぼんの父親についてもっと知る】
ゆたぼんの家族

チャンネルの運営、方針、企画は父親が大半を務めているため、ユーチューブ
への評価はどちらかといえば父親への評価ということになるでしょう。

結論からいえば、ユーチューブ自体は収益を出せていることで成功している
といえます。

ただし、その人気はあくまでゆたぼんが”殴られ屋”をしているため維持
できているに過ぎません。

今までのゆたぼんの行動をみていくと、子供がある程度大きくなっていくと
判断能力も育ってきます。

「うちの親って実はおかしい?」

と思った時に適切にアドバイスしてくれる大人の存在が必要でしょう。

いろんな著名人とも会っているゆたぼん。

お笑いタレントの加藤浩次さんにお金の使い方をめぐり、説教も受けました。

そういった大人の意見を謙虚に受け止め、あとは父親から自立して行動ができる
ようになった時に、これまでの事を振り返り、新たな自分がでてくるのかも
しれません。

Sponsored Link


まとめ

今回はゆたぼんの回転寿司店での行為が不衛生と炎上しているのはなぜ?
今回の行為にSNSでの声は?
ゆたぼんが毎回、批判されるのはなぜ?
ゆたぼんは今後どうするのがいいのか?

についてまとめてみました。

どうしても父親の影響を大きく受けているゆたぼん。

実は彼には”あっちゃん”という姉がいます。

父親とあっちゃんは現在、絶縁中だともいわれています。

2018年5月にゆたぼんの一家は長く住んだ大阪を離れて沖縄に移住しました。

その中であっちゃんは大阪に残ることを選択しました。

姉が一緒に沖縄についていかなかった本当の理由を知ったとき
今後の自分の方向性について考える時がくるのかもしれません!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link