羽生結弦、プロ転向の意味は?アマチュアとの違いは?今後の活動は?

フィギュアスケート選手の羽生結弦が7月19日に記者会見し、競技者としての
キャリアを終える事を表明しました。

今後は競技会には出場せず、プロに転向して理想を追うことになります。

会見中に羽生結弦本人も高校野球の例を引いて疑問を呈していましたが、
何故フィギュアスケートでは

「競技会に出場しない=引退」

になってしまうのか?

気になりますよね。

そこで今回は羽生結弦のプロ転向の意味は?
プロ転向後、どんな活動をする?
プロ転向にSNSでの期待の声

などについてまとめていきます。

羽生結弦のプロ転向の意味は?アマチュアとの違いは?

記者会見で羽生結弦は

「これから競技会というのに出るつもりはないです」

と意思を示しました。

「羽生結弦の理想を追い求めていく」プロ転向を表明 語った決意(2022年7月19日)

今回の会見を見て

「え~、今まではプロじゃなかったの?」

と思った人もいるかもしれません。

プロのスポーツ選手とは

「興行試合に参加しその成績によって報酬を得、この報酬を生計の中心とする選手」

という事になります。

プロとアマチュアの線引きは、実は競技によって大きく違います。

フィギュアスケートのアマチュアとプロの違いをみていきます。

大きく異なるのはプロになると競技会への出場ができなくなるということです。

アマチュアは
国際スケート連盟に選手登録をしている人
オリンピックや世界選手権などの大会に、出場できる

プロは
プロスケーターの組織や団体はないため、個人事業主となる
オリンピックや世界大会などの大会には、出場しない

ゆえに羽生結弦は今後のオリンピックには出場しないということになります。

フィギュアスケートにおけるアマチュア選手の定義は、国際スケート連盟(ISU)に
登録している各国のスケート連盟に加入し、選手登録をしている選手のことになります。

ですので羽生結弦だけではなく、グランプリシリーズやオリンピックなどに
出場していた浅田麻央や荒川静香も演技をしているときはアマチュア選手
だったということになります。

実は以前は国際スケート連盟が主催するフィギュアスケートの大会には賞金が
出ませんでした。

それにより当時プロに転向する選手が続出しました。

現在ではアマチュア選手もアイスショーへの参加やテレビやCMでの出演料を
受け取ることが可能になり、多額となる活動費に生かしています。

その為、プロとアマチュアの垣根はわかりにくくなっているようです。

今回の羽生結弦のプロ転向会見は通常のスポーツ選手の引退会見と大きく異なります。

それは羽生のコメントが

「挑戦はやめない」
「4回転半ジャンプ(=4回転アクセル)には引き続き挑んでいく」

など、前向きな発言に終始したことです。

第一線から退くというよりも

「スケートをさらに深く究めたい、だからプロになるんだ」

という羽生の思いが伝わってくる会見でした。

羽生が理想としているフィギュアスケートでの4回転半のジャンプ。

これを今後はアイスショーなどのかたちで魅せていくことになると思います。

これからはアイスショーを観に来た観客を、アマ時代よりも高い次元で満足させる
演技を披露していく想いでしょう。

羽生にとってプロ転向は、重荷を下ろしたのではなく、むしろ現役時代より高い
ハードルを設定したということになります。

Sponsored Link


羽生結弦、プロ転向後、どんな活動をする?

羽生結弦選手がプロ転向後にする活動は具体的に明かされていません。

まだ実現できるかわからないため、具体的なコメントは差し控えたいとのことです。

フィギュアスケートのプロ後の活動として多いのは

アイスショー
コーチ
解説者
振付師
タレント業

があります。

アマチュアを引退し、プロへ転向した主な選手としては

荒川静香
高橋大輔
浅田舞
安藤美姫
織田信成

などがいます。

この中でも06年トリノ五輪金メダル荒川静香は自らアイスショー
「フレンズ・オン・アイス」をプロデュースしています。

今月7月4日には10年バンクーバー五輪銀メダル浅田真央が座長として
「BEYOND」

を立ち上げると発表しました。

2022年9月~2023年3月までに、全国17都市で約70公演を開催する全国ツアー
となっています。

羽生結弦が2015年にテレビで今後のやりたいことを尋ねられた時に

プロスケーターとして支援活動
スケーターへの手伝い

をしたいと答えています。

羽生結弦は、自身が震災を経験したことから、被災地への思いがとても強いといわれます。

今年の3月にも「news every」という番組に宛てた手紙でも

「これからもさらに、僕ができることをしていきたいなと思っています」

と書いています。

また自身が座長のアイスショーの創設意欲があるともいわれています。

そうなると自身が創設したアイスショーで被災地及び日本、又は世界に対して夢や
元気を与えていくことを考えているのではないでしょうか!

【羽生結弦についてもっと知る】
羽生結弦、英語の教科書に掲載された内容は?どこで購入できる?

Sponsored Link


羽生結弦、今後の活動拠点は仙台に!

8月10日、仙台市泉区にある、子どものころから通っていたスケートリンクで、
プロ転向後、初めて練習を報道陣に公開しました。

練習では、プロになっても挑戦を続けるという4回転半ジャンプなどを試みたあと、
2018年のピョンチャンオリンピックで金メダルを獲得した時のフリーの演技
「SEIMEI」を披露。

公開練習後のインタビューでは

「仙台がすごく好きで、カナダに拠点を移した時も仙台を離れたくないと
泣いたほどだった。

今後の活動を含めて、仙台の皆さんと歩んでいきたい」

と今後の活動拠点を仙台にすることを発表しました。

Sponsored Link


羽生結弦、プロ転向にSNSでの期待の声

羽生結弦がプロ転向についてSNSではどう期待されているのでしょうか?

ツイッターでは

同じプロとして活躍している将棋の羽生善治氏は

羽生結弦さんのプロ転向が大きな話題になっていますが、アマとプロ
の違いの定義は難しいことに気がつきました。

何故なら羽生結弦さんはトッププロと思える全てを既に成し遂げているよう
にも見えるからです。

そして、今後もそれは変わらないので
定義を超えた存在だと思いました。

遅くなりましたが、羽生結弦さん、プロ転向しても羽生ワールドでスケート
沢山見せてください!

中丸くんからのコメント良かった😭

会見も非常に前向きで清々しかった。
振り返れば感動をたくさんもらった。
特に北京五輪での4Aをトライする姿は勝ち負けを超越した感動だった。
今まで体験したことのない感動だった。(大意)

己との戦いを繰り返していた感じだったよね、と中山さん👏

といった彼から勇気と感動をもらった方が凄くたくさんいますよね。

Sponsored Link


まとめ

今回は羽生結弦のプロ転向の意味は?
プロ転向後、どんな活動をする?
プロ転向にSNSでの期待の声

についてまとめてみました。

羽生結弦の挑戦する姿、現在27歳である若者が日本中に与えるパワーは本当に
凄いですよね!

プロ転向後も羽生結弦の生き方を注目し応援していきます!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link