ちむどんどんの脚本はひどい?!朝ドラ史上最悪な結婚式との評価も?

沖縄本土復帰50年を記念して放送中のちむどんどんですが、話が唐突
すぎる、辻褄があわないなどの不評がでています。

「#ちむどんどん反省会」というハッシュタグまでできて、ドラマの
放送後に不評のツイートが書き込まれる事態となっています。

いったいどうしてこんなことになったのでしょうか?
気になりますよね。

そこで今回はちむどんどんの脚本のどこがひどいのでしょうか?
NHKが悪評回避の為にやったことは?
逆に評価されていることは?

などについてまとめていきます。

ちむどんどんの脚本はひどい!朝ドラ史上最悪な結婚式との評価も?

今回、話題となっているのは8月12日放送回のヒロイン暢子の披露宴での
シーンがひどいとの意見が殺到しています。

その内容とは披露宴の出席をめぐってのゲスト間でのトラブルなのです。

偶然にも暢子の兄・賢秀が仕事で披露宴を欠席したため、席が空いているとの
ことから、暢子の幼馴染の砂川智が出席するはめになってしまったのです。

どこが問題なのかというと砂川智はこの披露宴の数か月前に暢子になんと
プロポーズをして見事に断られているのです。

幼いころから暢子が好きだった智。

そのため暢子を追いかけて上京までするのです。

そして沖縄角力大会での優勝を機に、暢子にプロポーズ。

しかし暢子からは料理に集中したいと断られた挙句

「智がうちに感じているのは愛情ではなくて、友情」

と言われる始末。

「いやいや、プロポーズしているのに友情を感じるはずはないやろ!」

と突っ込みたくなるところですが、その出来事があり、智は仕事を理由に沖縄に帰り、
暢子とも全く会っていなかったのです。

にもかかわらず、無理やり披露宴に出席させられ、スピーチまで強要させられることに、、

この展開にツイッターでも

#ちむどんどん を見て無い嫁に今朝のサトシ無茶振り披露宴スピーチの話
をしたら「何その脚本!」とキレられた。

純と愛を根性で見てたとき以来の「もう辞めなよ」発言にビビる。

絶望だ! 泉は湧かない。

さらに智にスピーチ強要って、酷さ通り越して拷問じゃないすか。

申し訳ないが、想像力も共感力も皆無な人たちの披露宴を歓べるか。

と不評な意見が多くみられました。

歴代の朝ドラでは、ヒロインの結婚シーンは必ず感動を伴っていました。

ところが、今回の気まずい関係であるはずの智をクローズアップした脚本に、
感動する気持ちをそがれてしまった視聴者も多かったといいます。

朝ドラ史上最悪な結婚式との評価も?あるようです。

ちむどんどんの放送が始まって最初は期待の声が多くみられましたが、
父の賢三がなくなって急に物語に無理がでてきました。

ちむどんどんの脚本家は羽原大介(はばらだいすけ)さん。

【脚本家、羽原大介についてもっと知る】
ちむどんどんの脚本家、羽原大介(はばらだいすけ)の代表作は?

今までにも日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞しており、このドラマでも
大きく期待されていましたが、今回は視聴者の期待に応えることができて
いるとは言い難いことになっています。

その中でも登場人物への共感ができないとの意見は多くみられます。

そこで主要な登場人物の描き方のどこがひどいのか紹介します。

ヒロイン暢子のひどさ

暢子が頻繁に使う言葉「あきさみよー」は、驚いたときに使う沖縄の方言ですが、
煽っているような、ケンカを売っているようなニュアンスになるので、実際には
使っている人はほとんどいないといいます。

他にも上京した暢子は、銀座の高級レストランにサンダル、短パン姿で入店しますが
沖縄でもサンダルは近所を歩くときに履くもので、レストランに履いていったら、
ちょっと痛い人とみられるようです。

こういった沖縄人の描き方は沖縄の方からも反発をかっています。

【暢子を演じる黒島優菜についてもっと知る】
「ちむどんどん」とはどんな意味?来年のNHK朝ドラのヒロイン、黒島結菜さんの魅力は?

にぃにぃー賢秀のひどさ

視聴者から一番、反感をかっているのが賢秀です。

ツイッターでも

賢秀ニーニーが、俺はこんなに愚かで家族に迷惑ばかりかけているけど
大事な妹には幸せになって欲しい、

だから妹の願いをきいてくれといつも他人に求めるところが嫌だ。

まずはお前が真っ当に生きてくれ。

と全く共感できないキャラクターに非難が集まっています。

彼の口癖は「一攫千金」。

何度も騙されお金を失い、家族に迷惑をかけておきながら真面目に働きもせず、
ついには暢子のお金すら盗んでしまう性質です。

「本土復帰前、ドル紙幣を円に交換する際に詐欺に巻き込まれるなど、
“沖縄っぽい” エピソードを出すんですが、それがむしろ癪に障ります」

との声もみられます。

【賢秀を演じる竜星涼についてもっと知る】
ちむどんどんに出演の竜星涼、演技の評価は?現在までの出演作のまとめ。

母、優子のひどさ

母親・優子が非常識すぎることも一因です。

賢秀が、ビジネスでテレビCMを打つため15万円の資金が必要と、
実家の優子に電話で無心する場面があり、長女の良子から資金の融通を
したらダメだと釘をさされるが、実はお金を渡していたことが判明。

これ以外でも優子は何回も賢秀にお金を渡しているのです。

また三女の歌子は小さなころから体が弱く、いつも熱を出しては寝込んでいましたが、
社会人なってからもよく熱を出して会社も休むことが多いです。

その原因が不明となっていました。

その為良い病院での精密検査を早く受けさせてあげる必要があったのに
優子はお金の問題でそれを渋っていたのです。

この出来事にツイッターでも

優子さん、ニーニーにはあっさりお金渡すのに歌子の治療費は渋るって、
あの借金で病院行けただろうに…

オカン怖過ぎ

との声が挙がっていました。

Sponsored Link


悪評回避の為にNHKがやったことは?

ここ1カ月ほど、暢子と和彦の結婚に対しても視聴者の非難が殺到しています。

2人の役柄にも共感できないなどの苦々しい意見が多く

「朝ドラ史上最低の駄作!」

といった声まで出ているほどです。

ただ、竜星涼が演じる悪評の賢秀は、むしろ株が上がったといわれています。

それは何故か?

実は朝ドラ放映直後の番組「あさイチ」の毎金曜日にあるスペシャルインタビュー
に竜星を登場させたのです。

竜星涼が椅子に座った全身の姿を映したのですが、座っているにもかかわらず、
極端に脚の長いことがわかるスタイルの良さに、視聴者の多くが度肝を抜かれました。

スーツ姿も様になっており、話し方にも知性と誠実さが滲み出ていたと評されました。

その為、竜星涼と賢秀は全くの別物と視聴者の意識が変わりました。

HNKもこの結果をうけ、番組の評価を回復させようと暢子の夫となった宮沢氷魚や
智役の前田公輝を出演させようとしてましたが、コロナでの感染のため出演が
できなくなりました。

NHKとしては、番組最終話の9月30日までに打つ手がない状況です。

Sponsored Link


ちむどんどん、逆に評価されていることは?

では脚本のひどいところばかりが取り沙汰されるちむどんどんですが、
評価されていることはどんな事でしょうか?

沖縄の事がわかり勉強になる

沖縄のお盆の実際がよくわかる。

細かいことは違っても考え方が本土のお盆と大きく違うわけじゃ
ないんだね。

本土でもお盆は迎え盆から3日間だし、飾りつけもするし、
海や山には行ってはいけないと言われるよね。

古波蔵保好さん料理沖縄物語」戦前からの沖縄食文化がわかって面白いけど、
それ以上に男主体の沖縄が見えて「ちむどんどん」でニーニーが
「長男だから」としょっちゅう言ってたのがよくわかる。

与那原恵さんの「わたぶんぶん」料理のことはもちろん、
沖縄音楽シーンの話が面白い。

家族や食事の大切さがわかる

東京に行けるという憧れがふるさとの良さ家族の大切さたくさんの
思い出によってここを離れたくないと気づいた4兄妹

母と兄妹を思う暢子の「東京に行きたい」と精一杯の嘘と涙目の作り
笑顔が切なくてたまらない

私はこの物語を暢子の作る「ぬちぐすい」の話と捉えてます。

これ「命薬」って書きす。

ほっぺが落ちるほど美味しくて元気が出てきちゃう食事のことを言います。

重子さん、暢子のお重を皮切りに戦闘力が増してるのは、暢子のお弁当が
まさに命薬だから…ですよね。

と数は少ないながらも好評している方もみられました。

Sponsored Link


まとめ

今回はちむどんどんの脚本のどこがひどいのか?
NHKが悪評回避の為にやったことは?
逆に評価されていることは?

などについてまとめてみました。

ドラマを制作するうえで、脚本の力は大きいものと思います。

不評な点が多いちむどんどんですが、その中でも私が良いと思っているところは
上白石萌歌さんの歌唱力です。

【上白石萌歌の歌唱力についてもっと知る】
上白石萌歌の歌唱力、ちむどんどんで感動!「adein」でも歌をリリース。

彼女の歌う声を聴いていると心が癒されます。

せっかくドラマを観続けている人は批判ばかりしているよりも、少しでも
ドラマをみて自分の楽しく過ごせるところを探していきませんか?

その方が朝からその日を良い一日にすることができますよね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link