園子温監督から性被害を受けた女優が告発!松崎悠希のツイッター投稿がきっかけに?

日本映画界に波紋が広がっています。

映画監督の榊英雄、俳優の木下ほうかによる一連の“性暴力”が明るみに
でましたが、前から黒いうわさのあった園子温監督が告発される事態に
なったのです。

現在、園子温監督を匿名告発した女優は3人いますが、まだ実名で告発をしたのは
1人です。

そこで今回は園子温監督から性被害を受けた女優が告発した内容は?
園子温監督はどんな人物?
実際の作品の主演女優は?
松崎悠希のツイッター投稿がきっかけに?
松崎悠希が告発をしている理由は?

についてまとめていきます。

園子温監督から性被害を受けた女優が告発した内容は?

園子温監督の映画作品に出演したことがある、女優のAさん、Bさん・Cさんは、
自身に起きた実体験を告発しています。

女優Aさん

「普段から“女はみんな、仕事が欲しいから俺に寄ってくる”と話していました。
“主演女優にはだいたい手を出した”とも。
ある女優さんのことを“俺のおかげで売れたんだ”と言ってましたが
“別の男に乗り換えられて、捨てられた”って嘆いていました」

出典:週刊女性PRIME
園子温の性加害を出演女優らが告発!

確かに作品としては評価されるものもあるとは思いますが、監督としての
立場を利用して、出演女優に性交渉を要求するといった時代錯誤な監督です。

女優Bさん

あるイベントで知り合いLINEを交換した女優Bさんは飲み会の席にて

「たしかに俺はたくさんの女優に手を出しているけど、手を出したやつには仕事を与えている。
だからほかの監督とは違うんだ」

と話しをされたと言います。

それから彼女は仕事が欲しかったので園子温監督の要求をのみます。

そして

「“彼氏がいるなら、彼氏に電話しながらシタい”と言われました。
“いない”と伝えたら“俺のために彼氏つくって”と。」

と言われたといいます。

性癖に関してもかなりの変態度です。

女優Cさん

女優Cさんは、女優業の他に音楽活動もしていたそうです。

Cさんの場合は、10年ほど前、枕営業を公言していた女優さんに誘われて、
俳優Tさんの自宅で行われていた7~8人ほどでの飲み会に参加したそうです。

そのTに紹介されたのが園子温監督。

2LDKの園子温監督の仕事場に連れていかれ、途中でTは部屋を出ていきます。

向かいに座っていたはずの園がだんだん近づき、肩に腕を回して突然キスを
してきたといいます。

激しく抵抗していると

「俺は業界で有名なヤリチンだよ?」

って言ってきました。言い間違えだったようで

「違う、違う! 有名なアゲチン!」

と焦っていたといいます。

なんとかその場から逃げた彼女にその後もしつこく電話やLINEが届いたといいます。

「この10年の間に、被害を受けている方が増えていると考えると、本当に胸が痛いです」

とCさんは述べています。

追伸:女優Cさんが実名で公表をしました。

本名は千葉美裸(ちばみら)さんです。

現在はデザイナー、スタイリスト、モデルの仕事をされています。

この問題を実名で名乗ったのは

「エンターテイメント会内の問題に関わらず、社会問題として捉えて
いただき、出来るだけ多くの方に賛同を求めています。
よろしくお願い致します。性被害、ハラスメントにNoと言いましょう。」

といいます。

出典:本人ツイッター

現在は女優3人からの告発にとどまっていますが、かなりの女優が園子温監督より
性被害を受けていると考えられます。

Sponsored Link


園子温監督はどんな人物?

本人曰く

「厳格な家庭で育った反動で女が大好きになった」

という話をしてたようですが、厳格に家庭に育つと皆が女好きになるのでしょうか?

常々女性への過激な発言が多く、当たり前になっていたようです。

この園子温監督の性に関しての要求はやることが本当に下品なものが多い。

LINEの投稿をみれば一目瞭然です。

出典:週刊女性PRIME

園子温監督は、1985年23歳の時、
「俺は園子温だ!」
の作品でぴあフィルムフェスティバルに入選して以来、数々の作品を生み出しています。

1993年には、街頭パフォーマンス集団「東京ガガガ」を結成します。

この集団は、横断幕を掲げて「ガガガ」と叫び、新宿や渋谷をストリートジャック
するという過激なパフォーマンスをしていましたが、

「毎回逮捕されていた」

と本人は言っています。

若い時のやんちゃはまだ許される面も多少はありますが、園子温監督の考え方は
かなり危険なものをもっていると考えられます。

1999年に園子温監督は、文化庁の新進芸術家在外研修員として国費でアメリカに留学しています。

そしてすぐにホームレス生活をおくる羽目になっています。

「もう時効だと勝手に思っているんですが、実はアメリカに行けばお金が
支給されるから応募しただけ。

しかも大きな声では言えないですけど、通わなきゃいけないバークレー校には
1度も行ってないうえ、支給されたお金をあっという間に使い果たしてしまった。

サンフランシスコでホームレスになったんです」

出典:女性自身
園子温が語るサンフランシスコでのホームレス時代

Sponsored Link


実際の作品の主演女優は?

確かに彼の作品で、吉高由里子、満島ひかり、安藤サクラ、二階堂ふみ、清野菜名など、
園子温作品出演後にブレイクした女優も多いことでも知られます。

2008年に約4時間に及ぶ映画「愛のむきだし」を公開。
国内外で数多の映画賞を受賞。

「愛のむきだし」主演女優:満島ひかり

東スポの取材を受けたあるプロデューサーが

「実はその時、園さんは満島さんにほれたんです。

でも結局、大失恋してしまった(笑い)。

本人は結構ショックを受けたみたいですよ。」

鬼才・園子温監督 満島ひかりに失恋の過去

と言っていますし、満島ひかりさんは監督に媚びるとかいったタイプではないので
被害にあっている可能性は少なそうです。

2012年には東日本大震災の影響を色濃く受けた「ヒミズ」「希望の国」を公開し、
社会派としての作品も公表。

「ヒミズ」主演女優:二階堂ふみ

「ヒミズ」での園子温監督について、二階堂ふみさんは以下のように語っています。

「ものすごく愛があって包み込んでくれるような優しさを持った監督だと
いうのはいつも感じていました。」

ヒミズのオーディションでの二階堂ふみさんの年齢は17歳。

女優に数々の性被害を与えてきた園子温監督から見て、二階堂ふみさんは
まだ子供だったのでしょう。

なので少女としての役者として育てる気持ちが強かったと思われます。

「希望の国」主演女優:神楽坂恵

実は神楽坂恵さんは現在、園子温監督の奥さんなのです。

2人は2009年、下北沢のbarで偶然出会いました。

その時園監督48歳、神楽坂恵28歳でしたが “年の差20” の壁もなんのその、
園子温監督は出会ったその日から一途に猛アタックしまくったそうです。

この二人に関しては映画の出演前に付き合ってある事実がありますので
性被害には全く関係ない内容です。

2014年に漫画原作の「TOKYO TRIBE」

「TOKYO TRIBE」主演女優:清野菜名

実は「TOKYO TRIBE」でヒロインに抜擢される前に、清野菜名さんは違う役での
オーディションで落選しているのです。

にもかかわらず、アクションメンバーオーディション現場で、アクション演技
をみた園子温監督が突如

「アクションをしている君は輝いている」

と清野菜名さんを抜擢したのです。

また園子温監督の取り巻きの俳優だったのが坂口拓さん。

実は高2からアクションを習っている先生が彼なのです。

その先生に園子温監督を紹介されて誘われたとしたら断ることができるでしょうか?

2015年に同じく漫画原作「新宿スワン」
小説原作の「リアル鬼ごっこ」

「新宿スワン」主演女優:沢尻エリカ

沢尻エリカさんは既に有名で実績もある女優だったので、役が欲しいとかは
ほぼ考えられません。

それに彼女のバッサリした性格を考えると園子温監督も手が出せない感じがあります。

「リアル鬼ごっこ」主演女優:トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜

と3女優でのヒロイン

この3人は女優というところではあまり活躍が見られなかった女優さんです。

そうなるとヒロインでの出演の交換条件を出されるとどうなったか?

この辺りは今後、暴露話がどんどんでてくるものと思われます。

以上のように精力的に作品をだしてきた事実はあります。

Sponsored Link


松崎悠希のツイッター投稿がきっかけに?

この問題が発覚したのはもとはこの松崎悠希さんが以前からツイッターで、
日本の映画業界のシステムなどを批判していたからです。

3月27日に自身のツイッターに

「アクターズヴィジョンによる
『10万円支払ったら 園子音監督の次回作に出演できますワークショップ』
の詳細」

と綴り、画像をアップ。

画像は映画監督によるワークショップを開催しているアクターズヴィジョンの資料で、
園子温監督の次回作オーディションの案内となっています。

たしかに3日間で参加費4万円が掛かるワークショップ自体が内容が不明瞭で
出演決定者は追加で6~20万円もの出資を求められること自体がおかしなことだと
思わざるをえません。

*ちなみに園子温監督の今回の報道が出たため、このワークショップは中止となっています。

松崎悠希さんの知り合いも園子音監督のワークショップに通い始めて

「事務所(マネージャー)を信用するな」

と教えられ、そして一人になったところで身体を要求されたとしています。

まとめると

運営していたワークショップで参加している新人女優に対してパワハラ、
セクハラをしていた。

そしてなんにもの女優がその要求におされて園子温監督との身体の関係をもつに
至っているとのことです。

Sponsored Link


松崎悠希が告発をしている理由は?

松崎悠希さんはアメリカと日本で活躍している俳優です。

出演作に「ラスト サムライ」「硫黄島からの手紙」「パイレーツオブカリビアン」
などの多数の作品があります。

今回のこの騒動をインタビューで彼は下記のように答えています。

観客のみなさんには、パワハラ、セクハラをする監督の作品をボイコットし、
そうでない監督の作品を応援してほしいです。

多様な日本を、当事者を使って描く作品も応援してあげてほしい。

パワハラ、セクハラをすると誰も見てくれず、逆にコンプライアンスを守ると
そのこと自体が宣伝になる。

そういう新たな常識を作っていきたいですね。

出典:YAHOO JAPAN ニュース
松崎悠希が批判する、間違いだらけの日本の芸能界

そして動画配信サイトがセクハラが明かになった園子温監督の作品を配信を
し続けることも批判しています。

松崎悠希さんはそういった被害の声を集めるべく、週刊誌を通して被害の声を集めています。

まとめ

今回は園子温監督から性被害を受けた女優が告発した内容は?
園子温監督はどんな人物?
実際の作品の主演女優は?
松崎悠希のツイッター投稿がきっかけに?
松崎悠希が告発をしている理由は?

についてまとめてきました。

まだ事実関係がはっきりしてない点もありますが、この性被害が映画界業界
で暗黙に認められていた様子はあります。

一般の方の声は

となっています。

こういった監督は一部の人ではありますが、こういう悪しき習慣がはびこらないような
業界をつくりあげてほしいものですね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link