「線は僕を描く」のロケ地!大学・神社・商人屋敷で撮影、県別でも紹介!

俳優、女優

横浜流星さん主演の水墨画をテーマにした映画

「線は、僕を描く」

が2022年10月21日から公開されます。

【横浜流星の映画出演作についてもっと知る】
横浜流星さん出演で好きな映画

「線は、僕を描く」は、2020年に「本屋大賞」3位にもなった砥上裕將
(とがみひろまさ)さんによる長編小説です。

この映画の監督・脚本を務めたのが小泉徳宏監督。

『ちはやふる』シリーズから4作連続で滋賀でロケをおこなっておます。

ではこの映画のロケがどこでおこなわれたか?
気になりますよね。

そこで今回は「線は僕を描く」のロケは大学・神社・商人屋敷で撮影されたのか?
県別でも紹介
小泉徳宏監督がロケ地を滋賀県にこだわっている理由は?
作品のあらすじ

などについてまとめていきます。

「線は僕を描く」のロケ地!大学・神社・商人屋敷で撮影、県別でも紹介!

「線は僕を描く」のロケの場所は大学・神社・商人屋敷などで撮影されています。

また県別では滋賀県・京都府・東京都で撮影されています。

滋賀県

成安造形大学

主人公の霜介が通う大学のシーンや、総勢200名ものエキストラの皆さんに
ご協力いただいたラストシーンの撮影が行われました。

撮影に使われたのは、特徴のある本館棟と図書館棟の間の芝生広場です。

多賀大社

水墨画の巨匠・篠田湖山に「弟子にならないか」と声をかけられて、水墨画を学び
始めるきっかけとなる大事なシーンとなります。

映画の冒頭など3日間かけて多数のシーンが撮影されました。

五個荘近江商人屋敷 外村繁邸

篠田千瑛役の清原果耶さんが、青山霜介役の横浜流星さんの手に重ねて
絵を描いている、映像のシーンとなります。

また三浦友和さん演じる篠田湖山の部屋のシーンでも使用されています。

水墨画家の作家のアトリエ写真を元に、映画の美術スタッフの方がセットを
作っているそうです。

とても作り込まれている、作家の部屋が再現されています。

油日神社

ロケの目撃情報がありました。

時代劇の撮影が多い滋賀。油日神社もそのひとつ。

けれど先月には横浜流星くんや江口洋介さんが撮影に来てたんですって❣️

滋賀の数カ所で流星くんの目撃情報は聞いてたんですが、現代劇
で油日神社はめずらしい。

どんなシーンかな。見てみたい❣️

滋賀県ではこの映画の公開を記念してロケ地マップをご紹介しています。

ロケ地だけでなく周辺のおすすめスポットも紹介されていますので、
この秋はロケ地マップを見ながら滋賀県を周遊されてはいかがでしょうか。

「線は僕を描く」ロケ地マップ 特設サイト

U-NEXT

京都府

立命館大学

学園祭のシーンなど大学での撮影に使われたようですね。

また映画のロケ地となった立命館大学・衣笠キャンパスで9月18日に公開記念
イベントを実施しています。

東京都

ホテル雅叙園東京

映画のロケ地にもなっているホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)で、
映画に登場する水墨画の作品を見ることができます。

映画とのタイアップ企画

「線は、僕を描くat百段階段〜色彩空間で観る水墨画の世界〜」

を、ホテル館内に有する東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催中です。

ホテル雅叙園東京 HP

篠田湖山の部屋の再現や、映画で実際に使われた小道具の展示もあります!

ご興味のある方は映画とのタイアップで鑑賞に行かれるのが良いでしょうね。

【「線は僕を描く」についてもっと知る】
「線は僕を描く」の登場人物は映画と原作は同じ?水墨画の本質とは?

Sponsored Link


小泉徳宏監督がロケ地を滋賀県にこだわっている理由は?

舞台挨拶イベントが滋賀県内の映画館で8月26日に実施され時に小泉徳宏監督は
滋賀の魅力について

「撮影を迎え入れてくれる体制が本当に整っていて、撮影がしやすかった
思い出があったから。

また、いろんな風景があり、『日本のどこにでもなれる』場所でもある。

みなさんもまだ気がついていない滋賀の魅力に僕は気がついたと思っています」

とコメントしています。

京都のような雰囲気があったり、日本の風景としてどこでも撮影が可能な
滋賀県をロケ地として、とても気に入っているようです。

この映画のついて小泉監督は

前作の映画『ちはやふる』を作り終えて、
急激に変わっていく世の中を目の当たりにしながら
いまの自分には何ができるのか、
何を描くべきなのかをずっと考えてきました。
悩み抜いた末に辿り着いたのが
一本の『線』についての物語。

世界は変わっていく、自分も変わっていく。
そんな中でも決して変わらない想いを、
水墨画の研ぎ澄まされた表現とともに
映画にしたいと思ったのです。

美しさと儚さを合わせ持つ
横浜流星という稀有な俳優がいればこそ、
この難しい題材を体現できました。
僕らの新しい挑戦にぜひご期待ください。

出典:「線は僕を描く」 公式ホームページ
線は僕を描く

【映画のロケ地についてもっと知る】
ガリレオ「沈黙のパレード」のロケ地はどこ?

Sponsored Link


作品のあらすじ

両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、
アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。

なぜか湖山に気に入られ、その場で内弟子にされてしまう霜介。

それに反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけて霜介と
勝負すると宣言する。

Sponsored Link


まとめ

では今回の内容をまとめてみます。

・「線は僕を描く」のロケは大学・神社・商人屋敷などで撮影されている
主なロケ地は滋賀県で、他京都、東京でのロケもある

・小泉徳宏監督がロケ地を滋賀県にこだわっている理由は、撮影がしやすく
日本の各地の風景として撮影ができる場所である

・作品のあらすじはひと言でいうと、水墨画の美しさに触れ、魅了された
大学生の成長・再生を描く物語

今なら1カ月間、無料で映画も見放題【映画】

U-NEXT

映画の中では“食”を意識したシーンがあって、滋賀の特産物である
“ビワマス”や“赤こんにゃく”が食卓に並んでいるとのことです。

小泉徳宏監督は

「この映画が、滋賀を代表する作品になればと思っています。

滋賀の映画といえば『せんぼく』と思ってもらえるように、

皆さんもぜひ応援を宜しくお願いします」

*『せんぼく』:線は僕を描くの略語

と舞台挨拶をしています。

出典:anemo
『線は、僕を描く』ロケ地・滋賀で小泉徳宏監督が舞台挨拶!「『せんぼく』を滋賀を代表する作品に」

ヒットするといいですよね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


Sponsored Link


Sponsored Link


タイトルとURLをコピーしました