ちむどんどんに出演の竜星涼、演技の評価は?現在までの出演作のまとめ。

朝ドラ、ちむどんどんに出演中の竜星涼(りゅうせいりょう)さん。

ドラマの中ではニーニーとして、ダメな兄としての見本みたいな
立ち位置となっています。

朝ドラでは「ひよっこ」に続いての2回目の出演となる彼ですが、今までに
どんな作品などに出演してきたか気になりますよね。

そこで今回は竜星涼のちむどんどんでの演技の評価
現在までの出演作のまとめ
プロフィール

などについてまとめていきたいと思います。

ちむどんどんに出演の竜星涼、演技の評価は?

国民的なクズ男でありながら、どこか憎めないニーニーこと賢秀を演じている
竜星涼さんですが、ちむどんどんでの演技の評価はどうなっているのでしょうか?

プロデューサーや、脚本家の羽原大介さんなどスタッフから、この役は竜星涼さんが
ピッタリだと言われています。

制作統括の小林大児チーフプロデューサーは

「長男は、決して善良な小市民ではなく、家族に迷惑をかけるという、
ちょっと癖のあるキャラクターです。

そこを決してダークな方向にいき過ぎず、楽しく演じていただきたかった
から、竜星さんにお願いしました」

出典:マイナビニュース
竜星涼、2度目の朝ドラ『ちむどんどん』は「リベンジマッチ」 破天荒なヒロイン兄を熱演

と語っています。

では視聴者の方は竜星涼さんの演技についてどう感じているのでしょうか?

肯定派
・ こういう役(賢秀)を、視聴者に嫌味なくまたわざとらしい演技と思わせない
演技ができる。

・竜星涼さん、明るくて飄々とした役がとても似合ってる。

・賢秀が「ちむどんどん」の行方を握っているような、応援しています。

ツイッターでは

・オシャレ男子たちの演技力恐ろしい

否定派
・これが「愛されキャラ」かねぇ…。私はイライラしながら観てますよ。

・竜星涼が可哀想になるくらいクズキャラで、愛されキャラにはなれないと思う。

・今 竜星涼さんを見るのも嫌になってきた。朝ドラ製作陣は責任取ったほうが
いいと思うよ。マジで。

ツイッターでは

・てゆうかイライラして観ていられないww主人公と竜星涼が演技下手過ぎて
…わざと下手に演じてるの?

まとめると肯定派の意見は賢秀はクズキャラだが竜星涼さんが演じているので
どこか憎めない。

否定派はまったくこの賢秀には愛すべき点が見つからない。

といったことで二つの意見はクズ男ということは一致しているので
そこに関しては竜星涼さんが上手く賢秀を演じているといえるでしょう。

【ちむどんどんでの主人公や4兄妹のモデルについてもっと知る】
朝ドラ、ちむどんどん!主人公や4兄妹のモデルは?

朝ドラには2回目の出演となる竜星涼さんですが、前回は2017年の「ひよっこ」
にヒロインの失踪した父の行方を捜す心優しき警察官役としての役でした。

その時の気持ちを

「初めての朝ドラで慣れないことがあったり、方言に苦しんだりと、
自分のなかでは打ちのめされたというか、毎回クラッシュして帰るみたいな
感覚が少しありました。

あの時は悔しかった気持ちが大きかったです。」

と語っています。

今回はその時に感じた悔しい気持ちをリベンジする気持ちで演技に取組んで
いるようです。

Sponsored Link


竜星涼、現在までの出演作のまとめ

竜星涼さんが出演したドラマをいくつか紹介いたします。

獣電戦隊キョウリュウジャー:桐生ダイゴ役(2013年)

記念すべきテレビドラマ初主演の作品です。

若手の俳優はかなり戦隊シリーズから有名になる方も多いですよね。

彼もこのリーダーの桐生ダイゴ役でブレイクしました。

主人公の桐生ダイゴは、幼い頃から父親と世界中を旅してきた熱い男。

ちょっと空気の読めない真っ直ぐなキャラクターで正義のヒーローを演じました!

実際の動画はこちら

【予告】竜星涼 1st DVD King in Guam

ひよっこ:綿引正義役(2017年)

ひよっこで演じた綿引正義はヒロインと同じ茨城県の出身の警察官の役です。

この役はイケメン枠でもありましたので、ドラマの中では女性にモテる設定で、
視聴者の女性からも人気を集めていました。

誠実さの化身のようなかっこいい役どころです。

実際の動画はこちら

アンナチュラル:木林南雲役(2018年)

葬儀屋の役どころで特異な存在感がありました。

特徴的な跳ね上げサングラスを身につけ、パカパカとレンズを上げ下げする姿が
印象的でいたね。

ミステリアスな魅力の木林南雲を演じています。

実際の動画はこちら

昭和元禄落語心中:有楽亭与太郎役(2018年)

漫画が原作の連続ドラマで、竜星涼は与太郎という落語家を演じています。

落語も上手すぎると評判でした!

与太郎のキャラクターを役作りの為とは言えバッサリ髪を切って、俳優業に
全身全霊を注ぐ姿は、目を離さずにはいられません。

実際の動画はこちら

テセウスの船:長谷川翼役(2020年)

長谷川翼という人物は、主人公の父が起こしたと言われる無差別殺人事件が
起こった町で新聞配達員をしている青年です。

写真を趣味としていて、心優しく子供達の間でも人気を集めているのですが、
その裏には意外な素顔を秘めているという謎の人物でした。

マヂモンのロリコンの役だったんだけど、演技がうますぎて本当の変態にみえちゃった
との意見がありました。

実際の動画はこちら

レンアイ漫画家:早瀬剛役(2021年)

一流企業勤務のエリートサラリーマンという役どころです。

主人公に振られ、諦めきれずストーカーに化す、ふれ幅の広い役を好演しています。

竜星涼はクセのある感じなので、爽やかイケメンサラリーマン役だと
やはり恋に落ちるとの意見がありました。

実際の動画はこちら

Sponsored Link


竜星涼の演技のここが凄い!

カメレオン俳優といわれている竜星涼さんですが、演技のどこが凄いのかを
まとめてみます。

1,演技の振れ幅が凄い
2,表情が豊か
3,間の取り方が上手い
4,歌唱力が抜群

1,演技の振れ幅が凄い

竜星涼さんといえばクセがある人物を演じるのが上手いといわれています。

ではどんな役どころだったのかみていきましょう。

・謎の葬儀屋(七三分けの髪型、個性的すぎる眼鏡、黒スーツ)/アンナチュラル

・落語家(刑務所出所の人物が落語家に)/昭和元禄落語心中

・サイコパスロリコン感の強い青年/セテウスの船

・引きこもりの青年/35歳の少女

・明るいストーカー/レンアイ漫画家

など。

昭和元禄落語心中ではなんと3カ月で8作品もの噺を覚えたという逸話も
あり、役作りへの情熱は凄いものがあります。

2,表情が豊か

顔芸をやってもいろんな顔を表にだせることで、そのドラマでの役柄の
キャラクターが引き立ちますね!

ツイッターでも

実は竜星涼さん、モデルとしても活躍していて、そこでのクールな表情と
演技での全く別の表情を見比べるのも、また楽しみですね!

3,間の取り方が上手い

テセウスの船でみせるサイコパス的な演技で、前出の動画で紹介している
やり取りの部分ですが、あどおどした態度を絶妙な間を含めてうまく
演技しています。

この間の取り方で恐怖感を更に増幅させていましたね。

Sponsored Link


竜星涼のデビューきっかけ

竜星涼さんは2010年に芸能界に入り、2010年「素直になれなくて」で
俳優デビューを果たしています。

竜星涼さんのデビューのきっかけは、スカウトです!

2009年の夏に原宿の美容室に行く途中でスカウトされています。

デビューのきっかけを以下のように語っています。

「もともと映画やドラマは好きでしたが、役者さんは別の世界の人たちと
いう感覚で、自分がやるという道があること自体が頭になくて。

高校2年生くらいの時、ちょうど進路について考えてた時期にスカウトされて、
いいタイミングにいいきっかけをいただいたので、やってみようと思いました。」

出典:tv asahi
キョウリュウレッド 竜星涼インタビュー

将来はフランスで修行してパティシエになりたい!と思っていたのですが
人の運命はどこで変わるか、わからないものですね。

Sponsored Link


まとめ

今回はちむどんどんに出演の竜星涼、演技の評価は?
竜星涼、現在までの出演作のまとめ
竜星涼の演技のここが凄い!
竜星涼のデビューきっかけ

についてまとめてみました。

2016年に単身フランスへ渡り、オーディションを受けてパリコレに出演
もあります。

英語もフランス語もまったく分からないのに、
「勝手に身体が動いて、気が付いたらパリにいた」

思い立ったらやらずには居られない行動力のある人物です。

彼が役者として今の位置にまでこれたのは、そうした行動力と意志の強さ。

たびたび口にしている「挑戦する」ことへの役者へのこだわりだと
感じます!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link