「六本木クラス」の脚本家は誰?過去の作品は?梨泰院クラスとの違いは?

期待のドラマ「六本木クラス」が放送開始されました。

本作は、Netflixで大ヒットした韓国ドラマ「梨泰院クラス」を日本版に
リメイクして「日韓共同プロジェクト」として作られたドラマです。

今までも韓国ドラマをリメイクした作品は多くありますが、大ヒットした
作品は少ない現状です。

そうすると脚本によってもドラマの内容が大きく変わるので誰が今回の
脚本を担当したのか気になりますよね。

そこで今回は「六本木クラス」の脚本家は誰なのか?
「六本木クラス」と「梨泰院クラス」との違いは?
韓国ドラマのリメイクで成功した作品は?

などについてまとめていきます。

「六本木クラス」の脚本家は誰?過去の作品は?

今回、このドラマの脚本を担当したのは徳尾浩司(とくおこうじ)氏。

田中圭、吉田鋼太郎主演で社会現象にもなった
「おっさんずラブ」(2018年~)

多部未華子主演で放送終了後に「ナギサさんロス」を引き起こした
「私の家政夫ナギサさん」(2020年)

など数々の話題作を担当しています。

「おっさんずラブ」ではザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞を受賞
するなど活躍しています。

柔らかい日常的な台詞と緻密なストーリー構成で若者の群像を瑞々しく描く
ことを得意とする一方、理系出身ということを武器にパズル・トリック・
ミステリー等のジャンルとコメディを掛け合わせたような、エッジのある
作品を手がけることも多い。

上記の特徴の作品として

ドラマ「恋はDeepに」(2021年)
映画「CUBE 一度入ったら、最後」(2021年)

などがあります。

Sponsored Link


「六本木クラス」と「梨泰院クラス」との脚本の違いは?

まずは原作の舞台となっている梨泰院という地域ですが、ソウルの龍山区(ヨンサン区)
にあり、東西に広がるショッピングエリアやナイトスポットが多い地区。

戦後、近くに米軍基地があったことから米軍人相手の歓楽街として発展しました。

外国の文化や人が集まっていて、各国の大使館もあります。

日本でいえば六本木に近い雰囲気の地域です。

外国人が多いので、様々な国の料理のお店があり、飲食店の激戦区でもあります。

亡き父のため、逆境を乗り越えて大手飲食企業に挑むという復讐劇の中で、
主人公が梨泰院に飲食店を出すのですが、梨泰院の外国人が多く飲み場も
多い特徴から、日本における舞台としては六本木がふさわしいということに
決まりました。

「六本木クラス」と「梨泰院クラス」との脚本の違いですが、内容としては
ほぼ変わらないものとなっています。

主に変わった点としては、場所と登場人物が日本版にアレンジされていることです。

【六本木クラスについてもっと知る】
「六本木クラス」の主要キャストは誰に?日本版リメイクへの期待と不安!

主人公パク・セロイ(韓国版)の絶対に諦めない精神や熱い名言などはそのまま
引き継がれています。

初回の放送でも、新の父の教え

「信念を持って生きろ」

のセリフで土下座の強要を拒否し、それを父が擁護するシーンも見られましたね。

この梨泰院クラスの原作の再現性の高さにツイッターでは

オープンニングで六本木の景色にあの主題歌が流れた時は笑ったけど、
再現性はかなり高い。

よく日本で同じようなロケーション探したな。

キャストもドンピシャでは。本家とはどうしても重みが違うのだけど、
それは自分が日本の文化や歴史、社会を知っているからだろうか。

六本木クラスのキャスト
なかなか再現性高い気がする
特に!光石研!!!!!!笑

といったコメントが続々寄せられています。

Sponsored Link


韓国ドラマ、リメイクで成功した作品は?またその時の脚本家は?

動画配信の横断検索サービス「1Screen」が2021年8月にドラマが好きな全国
10代〜60代の男女300名を対象に
「韓ドラをリメイクして成功したと思う作品」
をテーマにしたおこなったWebアンケートによると

第3位:知ってるワイフ(2021年)

リメイク版では大倉忠義が主演。

恐妻家の主人公が過去にタイムスリップし、妻を入れ替えてしまう物語でした。

平均視聴率は7.46%

ツイッターでは

韓国ドラマのリメイクの話題で
「知ってるワイフは成功した」
「知ってるワイフは俳優も脚本も良かった」
と成功例にあげられるのが嬉しい✨

大倉くんの頑張りがみんなに評価されているね!

とのコメントがありました。

この時の脚本家は橋部敦子氏。

「僕の生きる道」(2003年)     草彅剛主演
「フリーター、家を買う」(2010年) 二宮和也主演
「僕らは奇跡でできている」(2018年)高橋一生主演

などの作品で知られ、ヒューマン、青春群像、サスペンス、ハートフルなど
ジャンルを問わず多くの作品を手がけています。

第2位:グッド・ドクター(2018年)

驚異的な暗記力を持つ一方、コミュニケーション能力に障害があるサヴァン
症候群の青年医師・新堂湊を山崎賢人が演じ、話題となりましたね。

平均視聴率は12.4%

このドラマは私も見ていましたが、山崎賢人の自閉症の主人公の表現が
とても素晴らしくて、いろんな演技ができる俳優さんだなと感心しました。

ツイッターでは

私、韓ドラにハマる前にtwo weeks とグッドドクターをリメイクと
知らずに観てすごく面白くてハマったんだよね。

もしかして当時も「リメイクやめて」「こんなんじゃない」って意見が
あったのかもしれないけど、韓ドラを知らない日本ドラマ視聴者として
すごく面白く観れた。

とのコメントがありました。

この時の脚本家は徳永友一氏。

「海の上の診療所」(2013年)  松田翔太主演
「僕たちがやりました」(2017年)窪田正孝主演
「海月姫」(2018年)        芳根京子主演

などの作品で知られ、フジテレビを中心にさまざまなヒット作を輩出
しています。

第1位:美男ですね(2011年)

シスターを目指して修行していた女の子が、双子の兄の替え玉として人気バンド
に加入する物語。

瀧本美織、玉森裕太、藤ヶ谷太輔、八乙女光の4人が、それぞれ民放ドラマでは
初めて主演を務め話題を呼びました。

平均視聴率は9.5%

ツイッターでは

日本のドラマの世界観に期待してないって言ったけどリメイクで好きなの
美男ですねなんだよね、韓国版に囚われすぎてないところが良かった

とのコメントがありました。

この時の脚本家は高橋麻紀氏。

アイシテル~海溶~(2009年) 稲森いずみ主演
結婚式の前日に(2015年)   香里奈主演
テセウスの船(2020年)    竹内涼真主演

などので知られ、ミステリー作品で評価が高くなっています。

Sponsored Link


まとめ

今回は「六本木クラス」の脚本家は誰なのか?
「六本木クラス」と「梨泰院クラス」との違いは?
韓国ドラマのリメイクで成功した作品は?

についてまとめてみました。

現在の日本のドラマ界の問題として慢性的なコンテンツ不足があります。

限られた人員と予算の中で、テレビ局がオリジナル作品を作るリスクはあまりに
大きいため、オリジナル作品はどんどん減る傾向になっています。

今回、日韓共同リメークとしてつくられたドラマとなりますので、今後
韓国の良いところを採用しながら、うまく日本の文化、習慣、風習にマッチ
させて素晴らしいドラマを作ってほしいと期待しています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link