小室圭さん、3度目の受験の服装は短パンで?2日連続同じ服の理由は?

小室圭さんが7月26、27日の2日間で、アメリカ・ニューヨーク州の
司法試験を受験しました。

彼にとって、今回の試験は3度目の挑戦となります。

その時の服装が、おなじみのサムライヘアに、胸元が大きく開いた
ラルフローレンのチェックシャツに短パン、スニーカーとラフな格好
だったといいます。

しかもその服装は2日間、同じ服のようなのです。

この夏に同じ服を着るとは?
気になりますよね。

そこで今回は2日間の受験で同じ服を着ていた理由は?
前回2回目の時の受験の服装は?
弁護士事務所に通勤時の服装は?
今回の3度目の受験の感触は?

についてまとめていきます。

小室圭さん、3度目の受験の服装は短パンで?2日連続同じ服の理由は?

小室圭さんの受験は海外メディアやYouTuberにも関心事となっています。

過去2回の試験は不合格で、ビザや収入の問題から“後がない”状況ともいわれています。

ニューヨーク州の司法試験の合格率は、初回受験時が最も高いことが知られています。

前回の2月は受験者数が3068人で、うち合格者は1378人。

全体の合格率は45%でしたが、2回目以降のチャレンジとなる受験者は1610人で、
その合格率は30%。

働きながら勉強しなければならない再受験者の合格率はどうしても下がる傾向
にあるといいます。

その中で受験した今回の司法試験。

服装は前出の写真のとおり、短パンでラフな格好でした。

しかもこの全く同じ服装で2日間を過ごしました。

これにはある理由があるといわれます。

同じ受験生に話を聞くと

「初日に試験会場の入り口で、本人確認後に渡される紙製のリストバンドは、
2日間装着しなければいけないんです。

緑色のバンドには黒い文字で大きく
『DO NOT REMOVE(外さないこと) 』

と書かれています。

紙製と言っても丈夫な素材なので簡単に切れることはないんですが、
水に濡れたり引っ掛けたりして破れてしまわないかと心配にはなります。

小室さんも、万が一に備えて、シャワーや着替えを控えていたのかもしれませんね」

出典:NEWS ポストセブン
小室圭さん、なぜ2日連続「同じ服」でNY司法試験会場に訪れたのか

とのことでした。

この報道についてツイッターでは

小室圭、短パン姿で司法試験会場へ ⇒「みっともない」と言われて
しまうw(画像あり)
三度目の正直か、仏の顔も三度までか。

人の旦那様のこととやかく言うつもりは全く無いけど、
もし私の旦那さんが小室圭氏の試験会場スタイル
(ポニーテールと短パン)で出社しようものなら、
家のドア開けさせないぞ🙄🙄「着替えて❤️😘」
って伝えて着替えるまで家から出さない…🙄🙄

と辛辣な意見が多く出てました。

小室圭さん、前回の司法試験では

「合格点に5点足りずとても無念です」

と語ったいいます。

今回はゲン担ぎしてでも、今回の試験に合格したい切実さを感じますね。

合否の発表は10月の予定です。

Sponsored Link


小室圭さん、前回2回目での受験での服装は?

今回のファッションはなかなか清潔感のある服装との評判です。

どちらかというと皇室にふさわしくない服装と言われていたので、少し
評判が良くなったのでは?

ラルフローレンの黒のギンガムチェックのボタンダウンシャツにモスグリーンの短パン、
スニーカーはいつものスターウォーズのVANSではなく、NIKEのレブロン・ウィットネス
というスニーカーといいます。

では前回の受験の服装に関してはいかがだったのでしょうか?

前回の受験の時は小室圭さんのファッションは大不評でした。

ツイッターでも

この腹なんなん😱
髪の毛ボサボサやし胸毛ボーボー。。
汚らし過ぎるよ小室圭
皇室のお姫様を嫁にしてんからもう少し身なりちゃんとしよーよ。。

とコメントのとおり、腹の出た中年オジサンの様子でした!

この時のデニムシャツが、なんと高級ブランド「アルマーニ」と
パンツはカジュアルライン「アルマーニ・ジーンズ」のものだそうです。

靴はスターウォーズをテーマにしたバンズスニーカー。

しかも髪もお気に入りのポニーテールにシャツから胸毛が見えるといった
酷評の的になっていました。

【小室圭さん、司法試験2回目の様子についてもっと知る】
小室圭、NY州司法試験、2回目不合格の理由は?本当は受験していないのでは?

Sponsored Link


弁護士事務所に通勤時の服装は?

小室圭さんはフォーダム大学ロースクールを卒業後、マンハッタンにある勤務先の
ローウェン・スタインサンドラー法律事務所に就職。

現在は、法務助手として働いています。

今年の4月に通勤時の服装が報道されていました。

英デイリーメールによると、その時の様子はワイヤレスのイヤホンをつけ、
ノーネクタイのスーツにコート、ビジネスバックを手に歩いていました。

法律事務所にノーネクタイとは自分の感覚からすると考えられないのですが
小室さんはラフな格好を好む傾向があるのでしょうね。

Sponsored Link


小室圭さん、今回の3度目の受験の感触は?

「週刊女性PRIME」は、3度めとなった司法試験の手応えを直接聞くため、
試験終わりに会場から帰宅する圭さんを独占直撃しています。

質問には答えることはなかったようですが、ひと言も発さないものの、
マスクをしててもわかるほど満面の笑みを浮かべながら、すれちがう
外国人受験生に対しても笑顔をふりまいていた様子です。

現地在住の日本人弁護士によると

「私自身も経験していますが、試験を終えた段階でだいたいの手ごたえは
わかるものです。

小室さんが笑顔を浮かべたところを見ると、もしかすると合格を確信して
いるのかもしれません。

5月で切れるといわれたビザ問題もとりあえず解決している様子なので、
あとは吉報を待つばかりではないでしょうか」

出典:日刊ゲンダイ
小室圭さん米NY州司法試験3回目に早くも手ごたえ? 群がる報道陣に余裕の笑顔でリベンジか

と前向きなコメントを述べています。

Sponsored Link


まとめ

今回は2日間の受験で同じ服を着ていた理由は?
前回2回目の時の受験の服装は?
弁護士事務所に通勤時の服装は?
今回の3度目の受験の感触は?

についてまとめてみました。

これだけ小室圭さんの挙動がネットの話題となるのは、NYでの生活が公費から
でているのが大きな原因の一つとしてあります。

【小室圭さん、公費の使われ方についてもっと知る】
小室圭さん問題で公費の使われ方を考える!

一般人として生活しているのに、確かに公費がでていたら、国民の了解は
得られないと思われます。

反感を大きくしないように、先ずは服装で身なりからきちっとして欲しいもの
ですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link