ブルースウイルス、失語症はいつから?今後の復帰の可能性はあるのか?

ブルースウイルスが失語症で俳優を引退することになりました。

ブルースウイルスといえば、私が学生の時に試写会にあたって観たのが
あの「ダイ・ハード」です。

ダイハード|予告編|Disney+ (ディズニープラス)

その頃はあんなアクションの映画がまだあまりない頃で、劇場の前で観たので
凄い興奮をしたことを覚えています。

その頃より30年が経過していますので、ブルースも現在67歳。

本当に残念でたまりません。

するとブルースウィルスの失語症がいつからで、今後治るのかが気になりますよね。

それで今回はブルースウイルスの失語症はいつから?
今後の復帰の可能性はあるのか?

などについてまとめていきたいと思います。

ブルースウイルス、失語症はいつから?

昨年の5月に映画「White Elephant(原題)」で一緒に仕事をしたジェシー・ジョンソン
監督によると、その頃には少し様子が変だったことを言っていますので、すでに多少の
症状があったと思われます。

その前の証言として映画「ハード・キル」の20020年2月辺りに、
撮影に挑んでいたとのこと。

症状が酷い時には、撮影現場でブルースが

「君がここにいることは知ってるけど、俺はなんでここにいるんだ?」

とスタッフに話し、目的さえ忘れてしまうこともあったという。

となると2年前にはすでに症状が発症していて治療はしてたが
それでも症状が改善されなかったことが予想されます。

そこを踏まえての今回の発表かと思われます。

Sponsored Link


今後の復帰の可能性はあるのか?

現在の状況から考えると復帰の可能性は難しそうです。

失語症になる原因はいろいろですが、脳の中の言語中枢という部分に傷がつくことで
起きる病気のようです。

一番に多い原因は脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳卒中です。

症状としては

・相手の話を理解できない
・何か言おうとしても言葉が出てこない
・言いたい言葉を間違えてしまう
・言葉が上手く発音できない
・相手の言うことを真似できない
・文字や文が読めない
・文字の意味が分からない

といった症状があり、日常生活において意思疎通が難しくなってしまうこともあります。

失語症のリハビリ

リハビリは、急性期(発症後2週まで)・回復期(発症後3か月まで)
・維持期(それ以降)の3段階に分けることができ、早い段階から
ケアする事で回復率が高まります。

(中略)脳血管疾患が原因で生じる失語症の場合、約12ヶ月で40%は改善
すると言われており、軽症であれば発病後2週間、重症であれば10週間が
最も回復率が高いとされているので、この期間にリハビリ効果を最大限に
引き出すことが重要です。

出典:学研
【医師監修】失語症ってどんな病気?症状や原因リハビリ方法までイラスト付きで紹介!

上記の状況を踏まえますと1年間リハビリして改善がみられなかったという
ことは、今後治る可能性はかなり低いと思われます。

では同じ失語症、又は病気で俳優を引退した人はいるのでしょうか?

Sponsored Link


ブルースウィルスの他にも病気で引退した俳優はいるのか?

シャロン・ストーン

映画「氷の微笑」や「カジノ」などの出演作で知られる俳優のシャロン・ストーンは、
2001年9月、43歳のときに脳動脈瘤を患い、その後、約2年間にわたって失語症に悩ま
されたこと公表しています。

シャロンはその時のことを振り返り2年間字が読めない状態で、辛い心境だったことを
告白しています。

現在は64歳になるシャロンストーンですが、失語症を克服して、映画への
復帰も果たしています。

マイケル・J・フォックス

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで知られる米俳優
マイケル・J・フォックス。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズでマイケル・J・フォックスが
名車デロリアンに乗って、時を行き来する姿に皆が憧れましたね!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』三部作、4Kリマスターでロードショー 三ツ矢雄二による予告が公開

彼がパーキンソン病を抱えていることを公にしたのは1998年。

だが、本人が初めて体の異常に気づいたのは、「ドク・ハリウッド」(1991)
を撮影していた29歳のときです。

小指がピクピクと痙攣しだしたのが、最初の兆候だったといいます。

キャリアの絶頂期に完治が難しいパーキンソン病を宣告をされ、彼は絶望し、
浴びるように酒を飲むようになります。

しかし、そんな内面の葛藤と病気のことを隠しつつ、
「バラ色の選択」(1993)
「アメリカン・プレジデント」(1995)
などの映画に出演し続ます。

しかし病気の症状が重くなり2000年には俳優活動から一時退くことになります。

彼が凄いのはそこからです。

2000年にはパーキンソン病患者を手助けをするマイケル・J・フォックス基金を設立し、
自身と同じ病と戦う同志とその家族のために治療法の確立に尽力をしています。

2004年アメリカのテレビドラマへのゲスト出演でテレビ復帰。

2010年バンクーバーオリンピックの閉会式に登場するなど、闘病の傍ら活躍を続けます。

しかしながら、2020年11月、回顧録
「No Time Like the Future: An Optimist Considers Mortality」
の中で2度目の俳優引退を表明しました。

坂口憲二

2018年に「特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこつとうえししょう)」
という難病であることを公表し芸能活動を休止しています。

2015年に病名が分かり、闘病を続けていたといいます。

最初は185cmの長身を生かし、1999年にモデルとして芸能界デビューした
坂口憲二。

ファッション雑誌「MEN’S CLUB」で、人気モデルとして活躍していました。

2012年8月ごろから右股関節に痛みを感じ始め、2014年4月から
放送されたドラマ「続・最後から二番目の恋」の撮影中に悪化しました。

2015年に手術をして痛みは軽減されましたが完全に回復することがなく
2018年に芸能活動を休止することを決めました。

その後コーヒー焙煎士へと転身。

自身のコーヒーブランド「THERISING SUN COFFEE&BEANS」を立ち上げ
2018年夏に千葉県で焙煎所を開設。

2019年春には東京都内で初店舗を開店したことが報じられました。

2021年には千葉県大網白里市に大網店をオープンと順調に第2の人生を
歩んでいます。

私も学生時代に珈琲屋でバイトをした経験がありますが、そのお店はネルドリップ
で珈琲を入れていましたが、お湯の注ぎ方によって味が変わるといったことがあり
ますので、焙煎からするとそのお店の味に凄くこだわりがでてくると思われますね!

では失語症ですがどんな種類とリハビリの方法があるのでしょうか?

Sponsored Link


失語症の種類とリハビリ

現在、日本には失語症の方が50万人いるといわれています。

失語症の種類としては4つの種類があります。

1,ブローカ失語症(運動性失語)

ブローカ失語の特徴的な症状は、聞く能力よりも話す能力が著しく低下すると
いうことです。

「メガネ」を「メガイ」などと間違えて発音してしまうケースが挙げられます。

また書く能力に関しては、日本語で言えば漢字よりもひらがなのほうが理解が
難しくなってしまいます。

2,ウェルニッケ失語(感覚性失語)

流暢に話すことはできますが、その話の中にはつじつまが合わない発語が多く見られたり、
間違いな表現で一方的に話したりするといった症状が出ます。

そのため、認知症や精神疾患と間違えられることもあります。

3,健忘失語

話を聞いて理解することが可能で会話も通常通りできますが、物の名前が出てこない症状です。

物の名前が出てこないため、回りくどい話し方になることが多く、自分の伝えたいことを
伝えるのに時間がかかってしまう点が特徴です

4,全失語

言葉を話すこと・話を理解すること・話を復唱すること・言葉を読むこと・言葉を書く
ことのいずれの能力も重度に喪失してしまっている状態です。

本人も聞き手も話を理解するのに苦労するのでコミュニケーションが難しくなってしまいます。

また失語症は認知症とは違い、物事の判断力自体は低下していません。

ですので簡単な言葉を使おうとするあまり、子どもを相手にしているような
会話をしてしまうことがありますが、これは自尊心を傷つけるため望ましく
ありません。

辛抱強く、相手の身になって寄り添う気持ちが大事です。

リハビリとしては

・できるだけ会話をする
・挨拶をする
・文字や日記を書く

ことが有効です。

相談の窓口として国が運営する高次脳機能障害情報・支援センターがあります。

高次脳機能障害相談窓口

ちなみに私の住む福岡はこちらが相談の窓口になります。

Sponsored Link


まとめ

今回はブルースウイルス、失語症はいつから?
今後の復帰の可能性はあるのか?
ブルースウィルスの他にも病気で引退した俳優はいるのか?
失語症の種類とリハビリ

などについてまとめてみました。

病気や障害などになっても前を向いて進んでいる人はたくさんいます。

【障害を克服した人をもっと知る】
北京パラリンピックの注目選手は?夏冬二刀流で活躍アスリートのメダルの可能性は?

自分がそういう立場になった時に気持ちはもちろん落ち込むと思いますが
自分だけではないということを思い出してもらい、人生には素晴らしい
ことがたくさんあることを再確認してほしいと願います。

マイケル・J・フォックスが長年のパーキンソン病との葛藤の末、病気を
受け入れてたどり着いた言葉をご紹介します。

「片足を昨日に、もう片方の足を明日にかけていたら、今日という日を
見失ってしまう。

いろいろなことがあったおかげで、過去の失望や将来の期待すべてを担って
いく必要はないと分かった。
人生にはそれが現実で、他にはどうしようもないときもある。
ぼくはいま、それを受け入れることができる。

ここにあるのはきみの瞬間だ。
写真は他のだれかに撮ってもらえばいい。
きみはただにっこり笑えばいいのだ。」

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sponsored Link